ウーマン

女性ホルモンを増やす方法とは|美貌を保つ秘伝の技

ホルモンを意識した食事

ウーマン

食生活の陰と陽を意識する

女性ホルモンを増やす方法として、食生活の工夫が知られています。女性ホルモンが増えると、いつまでも健康で若々しくいられるので、女性であれば日頃から意識したいですね。そこで、ホルモンバランスを整えるためには東洋医学を参考にするべきだということを知っておきましょう。食べものには、体を温める陽の食材と、体を冷やす陰の食材の2種類があります。この食材の陰陽のバランスが崩れると、女性ホルモンのバランスも悪くなります。ホルモンを増やす方法として、それぞれの食品をバランスよく摂ることが求められます。例えば、根菜類や豆類、肉、魚、生姜などは体を温める「陽」の代表的な食品です。一方で、葉物野菜、貝類、海草類、塩、砂糖などは体を冷やす「陰」の食品です。どちらかに偏ることなく、合わせて摂ることで体の調子も良くなります。また、美貌を保つ秘伝の技とも言えるでしょう。

ホルモンバランスの大切さ

女性ホルモンを増やす方法として有名なものは、食生活にまつわるものが多数を占めます。それは、ホルモンは内側から体質改善をしないと効果が発揮されないからなのです。仕事が忙しく、睡眠時間が短くなったり食事が乱れたりする女性が増えており、そのような生活を続けているとホルモンバランスが乱れます。しかし、加齢と共にホルモンの分泌能力は低下していきます。よって、今からホルモンの増やす方法を意識しながら生活することが求められるのです。毎食意識するのが大変だという方は、まずおやつや間食から見直していましょう。ドライフルーツやナッツなどの種や実の食材は、陽のエネルギーを持つものが多く、冷やしやすい体を温めてくれます。

ネバネバ成分で健康に

錠剤

ワカメやコンブなどの海藻に含まれるネバネバ成分のフコイダンには、余分な糖分や脂肪分が体内に吸収されるのを防ぐ作用や免疫力を高めて病気やガンを防ぐ作用があります。海藻を食材にとりこんだり、サプリメントとしてフコイダンをとることが薦められます。

詳細を確認する

話題の健康食品

ファミリー

スピルリナとは藻の一種であり、最近ではサプリメントとして活用されています。その特徴として、栄養が多いことが挙げられますが、スピルリナ自体が小さい代償として摂取量が多いこと、それに伴う副作用があることなどの注意しなければならない点もあります。

詳細を確認する

善玉菌を増やすため

サプリメント

腸は第二の脳ともいわれています。腸内環境が良くないと、体のいろんな部分に悪影響をもたらしてしまうこともあるのです。乳酸菌サプリなどを摂って、善玉菌を増やしましょう。悪玉菌を減らしてくれる作用もあります。

詳細を確認する